取得する資格によって料金は変わるヨガインストラクターやピラティス

セミナーで学ぶ

国内外を問わずに企業間で生じる問題です。

最近では企業同士の間でネーミングやパッケージデザインなど、アイデアを盗んだ盗まないといったことで裁判沙汰になるというニュースをよく耳にするようになりました。企業が商品を製造販売する時に考案したアイデアのことを知的財産と言いますが、最近ではこの知的財産権をめぐって問題になるということがよく報道されるようになりました。知的財産権は略して知財と言いますが、最近では企業が考案した知財を守るためのセミナーが全国各地で開催されるようになりました。知財セミナーでは大手企業だけでなく、技術やノウハウを持っている中小企業も対象に開催され、海外や他の企業、あるいは中小企業が大手企業から知財が盗まれないようにするための知識と法的措置などについて説明されています。ちなみにセミナーの費用はテキスト料を負担する費用が有料の場合もありますが、ほとんどの場合は無料で開催しているところが多いようです。

知財セミナーの特徴について。

ところで大手企業や中小企業にかかわらず、海外進出が進んでグローバル化したことで、国内だけでなく海外でも特許申請をして取得する必要が出てきました。例えば海外で日本企業が販売している製品が現地で特許を取っていないということで、現地の企業が日本企業の知財を盗んで先に特許を取得してしまうと、日本側の企業が現地でその商品を販売できなくなります。これは知財が盗まれたことにより、現地での販売活動が阻止されてしまったことになるのです。このようにいくら素晴らしいアイデアを出して優れた商品を製造販売しても、現地の企業により先に特許を申請されて取得に至れば、企業努力が水の泡になってしまいかねません。知財セミナーでは国内だけでなくこのような海外での知財権の問題に特に重点を置いて、対策の講じ方や法的な手続きについての説明を行っています。